司法書士事務所あいリーガル/不動産登記・会社登記・相続登記・遺言書作成など司法書士をお探しならあいリーガルへお任せください!!!
  • 裁判所へ提出する書類の作成を依頼したい。
  • 未収金を回収したい。
  • 成年後見制度について相談したい。
  • 適切な専門家を紹介してほしい。

裁判所提出書類作成


あいリーガルでは、相続放棄、特別代理人選任、成年後見人選任、氏名の変更の申立、死後離縁手続など、家庭裁判所に対する申立書類作成を行っております。
また、公正証書、民事訴訟事件の訴状や答弁書作成、支払督促手続書類の作成等も承ります。簡易裁判所管轄で訴額140万円以内の案件であれば、少額訴訟手続だけでなく、代理人として法廷に立つこともできます。

成年後見手続


成年後見制度とは、認知症や障害などによって判断能力が不十分な状態の成年者の支援や 保護のための制度です。制度自体は法定後見制度と任意後見制度に分かれます。 成年後見手続を利用されると、本人に代わって後見人が財産を管理したり、契約や法律行為などの手続きをしたり、ご本人が契約した不必要な契約を取り消したりできます。 ただし、居住用不動産を売却される場合はあらかじめ家庭裁判所の許可が必要です。 法定後見制度とは、家庭裁判所で選ばれた成年後見人等が本人の代理人となって本人を 保護する制度で、本人の判断能力によって「後見」「補佐」「補助」の3種類に分かれます。 任意後見制度とは、本人に十分な判断能力があるうちに、将来認知症などで意思表示できなくなった場合に備えてあらかじめ任意後見人を選んで契約する制度です。
あいリーガルでは、ご本人様の状況に応じ、適切な手続きをサポート致します。

その他の相談


あいリーガルではお客様の悩みをお聞きし、的確にお答え致します。またご相談の状況に応じ、必要な専門家、例えば弁護士、税理士、土地家屋調査士、不動産業者などのご紹介も致します。